人種差別は、残念ながら今日もサッカー界で繰り返されているテーマの一つである。多くの有色人種の選手が侮辱されたり、スタンドから罵声を浴びたりしている。

差別を受ける彼らのほとんどは、日常生活の中で当たり前のことになっており、それと共に生きることを学んでいる。
カメルーン代表の24歳が『Radio Sport Info』のインタビューでこの話題を取り上げた。アヤックスのGKオナナが見解を語っている。

「もちろん私も人種差別は経験している。特にアウェーで試合をするときは、私の日常生活の一部になっている」と、2015年にバルセロナのユースアカデミーからアムステルダムに到着した同選手は語った。

オナナは「あまり考えない方がいい」と前置きし、「差別という一種の疫病はサッカー界に存在し、すぐには終わらない」と語っている。

「カメルーンはゴールキーパーにとって恵まれた土地。そして責任の重さを感じるのは私だけではない。ファブリスも承知している」と、バルサBでローッカールームを共にし、カメルーン代表のゴールの座を争う従兄弟のファブリス・オンドアについても言及している。

オナナはこの夏にアヤックスとの契約を終えることから、すでに多くの欧州の名門クラブが彼に注目を寄せている。