PSGはネイマールよりも先に、エムバペの残留に力を入れることを何ヶ月も前に決めていた。だからといって、PSGがブラジル人を簡単に退団させるわけではない。

パリはネイがバルサに戻ることを嫌っているわけではなく、ネイに対するオファーが相当の価格を提示された場合、パリは放出する。しかし、エムバペはその逆で、何ヶ月も前から若きストライカーを残らせるためあらゆる手を尽くすだろう。

火曜日に『Le 10 Sport』が伝えたところによると、PSGは今後数ヶ月間でエムバペの契約内容の更新を実現したいと考えているようだ。そうでなければ、来夏の移籍金の減額交渉を余儀なくされることになるだろう。
フランスのクラブは、同選手がスムーズに理解を示すための数字を見つけることを望んでいる。

現在のCOVID-19の全体的な状況は、フランスのクラブにも降りかかっている。テーブルの上で選手を選ぶほどの余裕はSDレオナルドに存在しない。
しかしネイマールと同じレベルのものをモデルにした契約をムバッペに提供することだろう。

もし彼が今後数ヶ月間で更新しなければ、来年の夏にはすべてが下降線に向かうだろう。

【PR】久保対バルサ14日5時/マドリー対乾15日2時30分K.O.!
DAZN入会初月は無料!