FCバルセロナのアンス・ファティは同世代の選手達の中でも、最も才能のある選手である。
この若きフォワードはその優れたプレーと頭脳で同世代の注目若手選手を上回る記録を残している。

リーガデビュー後、ファティは計17試合に出場し既に計5ゴール1アシストを挙げている。最新のゴールは16日(火)のレガネス戦である。残る9節で更なる記録の更新が期待されている。

■ヴィニシウスJr
ヴィニシウスJr.はマドリー加入後の計2シーズンでリーグ戦38試合に出場し1793分間のプレーでゴール数は4である。今季リーガでは計20試合(929分間)に起用され、2ゴールを記録している。

■ロドリゴ
また2019年9月のオサスナ戦でデビューしたマドリーのロドリゴは計727分間起用で2ゴール(レガネス戦、オサスナ戦)にとどまっている。なおロドリゴはアウェー戦でのゴール歴が無い。

■久保建英
一方で19歳の誕生日を先日迎えた日本人FW久保建英は2019年8月22日に期限付き移籍したRCDマヨルカで26試合(計1681分)に出場し、3ゴールを記録している。

■ウーデゴール
ノルウェー代表FWマルティン・ウーデゴール(21歳)は、2019年7月にレアル・ソシエダへレンタル移籍し24試合(計2103分)で4ゴールを挙げている。