ジネディーヌ・ジダンとガレス・ベイルの関係は何年にもわたって議論されてきたが、レアル・マドリードの監督は、クラブの関係者がウェールズ人の質を認めていることを強調している。

ベイルはマドリーでまたしても低調なシーズンを過ごしているが、ジダンは30歳のウィンガーには何の問題もないと主張している。

「いつもと同じだ」とジダンはレアル・マドリーの試合前の記者会見で説明した。

「彼はプレーできることに満足している、彼は少し腰痛があったし、そのせいで彼の調子が悪くなっているのかもしれない。我々は明日の試合(バレンシア戦)に集中している」

「関係性は昔から良好だ。彼がプレーしないときは、関係がうまくいっていないからだと思われている。だが、彼がどんな選手なのか、何をしてきたのかは分かっている。ベイルがしてきたことは全てリスペクトしているし、ベイルのことを書いてもどうしようもないが、関係は普通だ」とベイルとの関係は良好であると明かした。