この夏にラウタロ・マルティネスがFCバルセロナに加入する可能性がある。フリスト・ストイチコフの視点では、ラウタロはルイス・スアレスから多くを学ぶことができると考えている。

元バルセロナの選手は、「ラウタロはバルサでルイス・スアレスという世界で最高の手本を持つだろう」と、アルゼンチンの『FM Late』のインタビューで語っており、来シーズンは、インテルのストライカーがブラウグラナのシャツを着ている姿を見てみたいと話した。

■メッシ-スアレス-ラウタロの3トップ
ラウタロが提供できるスタイルを解説したストイチコフは新たな組み合わせをイメージしている。「二人とも動きがある。明らかに彼らはより上手くメッシと一緒にプレーすることができる」と述べた。

同様にブルガリア人は、ラウタロが現代最高のサッカー選手の一人になるには、バルセロナが最高のクラブであることを確信している。
「彼がバルサに来れば、バティストゥータがそうであったように重要なストライカーになれる」と、アルゼンチンの偉大なストライカーの名前を出して例えた。

■メッシとその姿勢を称賛
ストイチコフは、メッシと彼のサッカーを称賛している。「デビュー当時から知っている、彼は今も昔も変わらない。個性的で誰とも比較はできない。彼は非常に良いチームメイトにも恵まれている。それは最も重要なことだ」とメッシについて語った。

■グリーズマンへの信頼
ストイチコフは1990-91シーズンにバルサに到着し、1994-95シーズンまでプレー。その後一度パルマに移ったが、1996-97シーズンに2度目の加入となった。

元ブルガリア代表FWは、ラウタロの加入を期待する一方でグリーズマンにも信頼を寄せている。
「彼は多くのシーンでチームのために働いている。彼からすればそれは基本的なものだ。私は彼に自信を持っている。だからこそバルサも彼のために大金を支払ったのだ。彼は1シーズンで20ゴールを決める選手だ」