フィリペ・コウチーニョが戻ってきた。ブンデスリーガ8連覇を達成したバイエルン・ミュンヘンはチャンピオンズリーグ(CL)に向けて準備をしている。ブラジル人選手はトレーニングに戻ってきたので、CLに向けて準備を進めている。

FCバルセロナからレンタル移籍中のブラジル人MFは、水曜日に行われたトレーニングに参加した選手の一人だ。コウチーニョは4月に足首を痛めて手術を受けて以来、欠場している。

8月のチャンピオンズリーグとカップ戦を控えていること、そしてバイエルンがすでにチャンピオンになっていることから、今週末の試合に出場する可能性は否定できないだろう。最終節は7月4日、バイエル・レヴァークーゼンとの対戦となる。

コウチーニョのバイエルンとの契約は6月30日までだが、ドイツのクラブはバルサにカップ戦決勝とチャンピオンズリーグに出場できるように8月までの契約延長を求めている。

ドイツ紙『Bild』は、バイエルンがコウチーニョとペリシッチの契約を今シーズン終了まで延長することを望んでいることを明らかにした。彼らは現在、両選手を所有するバルセロナとインテルからの回答を待っているという。