ジェラール・ピケはこれまでにFCバルセロナで公式戦通算535試合に出場している。土曜日のセルタとの試合に出場すれば、かつてのチームメイトであるビクトル・バルデスを上回り、単独歴代6位の最多試合出場数となる。

バルセロナのセンターバックはミゲリことミゲル・ベルナルド・ビアンケティの549試合に次ぐ7位タイの出場数を記録している。デビュー戦は2008年8月13日、チャンピオンズリーグ予選のウィスラクラクフ戦(4-0)で、当時21歳だった。彼はその夏マンチェスター・ユナイテッドから500万ユーロでサインした。

それ以降、ピケはリーグ戦340試合、チャンピオンズリーグ112試合(予選を含む)、国王杯61試合、スペイン・スーパーカップ15試合、ヨーロッパ・スーパーカップ2試合、クラブW杯5試合に出場している。

バルセロナの最多出場記録は、チャビ・エルナンデスがもつ767試合である。その後ろにはレオ・メッシが722試合で続いている。

FCバルセロナの歴代最多試合出場数トップ10は次の通り。

チャビ・エルナンデス:767試合
レオ・メッシ:722
アンドレス・イニエスタ:674
カルレス・プジョル:593
セルヒオ・ブスケツ:572
ミゲリ:549
ビクトル・バルデス: 535
ジェラール・ピケ:535
カルロス・レシャック:449
ギジェルモ・アモール:421