レオ・メッシは、そのスポーツキャリアのほぼ全てをFCバルセロナで過ごしてきた。

しかし、彼は何年か後には、彼の出身地ロサリオのクラブであり、彼がスタートを切ったチームでもあるニューウェルズ・オールドボーイズでスポーツキャリアを終えることを望んでいるだろう。

そして、 ニューウェルズの副会長であるクリスティアン・ダミーコはこのことについて語っている。

「それは彼と彼の家族のためにとって良い決定だ。それが不可能かどうかは分からない。指導者として最善の決断を臨まなければならない」とダミーコは『TNTスポーツ』に語った。

そして彼は1993年にニューウェルズでプレーしたアルゼンチンサッカー史に残るもう一人の偉大なスター、ディエゴ・マラドーナを手本にしたいと考えていた。「マラドーナがニューウェルズに来た時、誰も彼が来るとは思っていなかった。レオにも同じようなことが起こるといいね」と彼は語った。

「冷静でなければならない。時間が物事を簡単にしてくれる」と彼は続けた。

メッシにはアルゼンチンに戻るという考えは常にあるものの、家族と共に育った街バルセロナも気に入っている。しかし、母国アルゼンチンのファンはニューウェルのオールドボーイズにいつか復帰してくれることを楽しみにしているだろう。