FCバルセロナは15日(水)の朝、カンプ・ノウでオサスナを迎える前に最後のトレーニングを行った。16日にレアル・マドリーがビジャレアルに勝利すると、マドリーの優勝が確定する。

このトレーニングには、ロナルド・アラウホ、リキ・プッチ、アンス・ファティが参加。日曜日にはバルサBの試合が控えているため、バルサがオサスナ戦の招集メンバーを発表するまでは帯同する。

そして、フレンキー・デ・ヨングはすでに怪我から回復している。しかし、出場するかはまだ決まっていない。膝に問題を抱えたサミュエル・ユムティティも、回復の最終段階にあるウスマネ・デンベレも、グループ練習には参加していない。