インテル・ミラノのジュゼッペ・マロッタCEOは1日、ここ数週間クラブとの関係が噂されているリオネル・メッシが「バルセロナで引退する」と考えており、このタイミングでこれらの“ファンタジー”を語ることは 「失礼にあたる」と話した。

「現実的でなければならない、それはユートピア的なものだ。誰もが彼を手に入れたいと願っているが、妄想を膨らませるのは失礼にあたるだろう。我々はメッシが偉大な選手であることを知っている。現実に戻らなければならない。彼はバルセロナにいる。彼にとって完璧な場所になっている。彼はバルセロナでキャリアを終えることになるだろう」とマロッタは0-2で勝利したアタランタとの試合後に『Sky Sports』で語っている。

ここ数週間、レオ・メッシの将来的なインテル移籍の噂が盛んに報じられていたが、インテルのアントニオ・コンテ監督も「メッシを獲得するよりもミラノ大聖堂を移動させる方が簡単」といったジョークで否定していた。インテルがメッシを獲得できる可能性はない。

【告知】8月10日(月・祝)13時からラ・リーガ交流会
ラ・リーガからの参加賞特典もあるかも!?詳しくはコチラ