ルイス・スアレスが今季最高の状態で復帰する。FCバルセロナはこの土曜日、チャンピオンズ リーグの大事な一戦を迎える。
先発出場が予想されるスアレスは、試合に集中しており、自分がまだ世界最高のストライカーの一人であることを示したいと考えている。

彼にとって簡単なシーズンではなかった。怪我の影響で、毎シーズン見せていたパフォーマンスが発揮できていない。今シーズンは、昨年1月に行われた膝の手術のため、本人にとってはもう終わったように見えたが、コロナウイルスの中断がスアレスにとってプレーできる時間を取ることが出来たという点では、いい方向へと導いた。

スアレスはナポリ戦の1stレグに出られなかった。その時ストライカーはすでに負傷しており、チームの力になることは出来なかった。怪我から回復した今、彼は自分の力を取り戻し、チームが準々決勝に進むために得点したいと考えている。

カンプノウでのトレーニングでは、メッシと前線を共有する3-5-2のシステムでプレーし、最後の4-3-1-2の最終システムでは、メッシを後ろに置きグリーズマン隣でプレーした。

今年はチャンピオンズリーグのタイトル獲得のまたとないチャンスがあると認識している。ラ・リーガでは良い終わり方を迎えることが出来なかったため、この試合にかける思いは大きい。ルイス・スアレスは今シーズンの全てを捧げるだろう。