フィリぺ・コウチーニョの将来は、FCバルセロナの手に委ねられている。バイエルン・ミュンヘンとのレンタル契約が終了した後、バルサは再び彼を放出しようとしていることは周知の事実だ。

コウチーニョはアーセナルへの移籍が有力視されているが、今のところクラブ間の交渉は進んでいない。ブラジル人アタッカーはバイエルンでの欧州チャンピオンズリーグ(CL)に集中したいと考えており、今は移籍の可能性については話したくないようだ。

バルサは彼を欲していないのに対し、バイエルンは他にもっと良い選択肢があると感じているようだ。そう考えると、プレミアリーグへの復帰は明らかなようだ。しかし、コウチーニョはバイエルンでのチェルシー戦に集中したいと考えている。1stレグではアウェイながら、3-0でバイエルンが勝利している。

そして、コウチーニョはアーセナルのトレーニング施設を訪問しているのが目撃されたという報道もあるようだ。

すでにブンデスリーガとDFBポカールの2冠に貢献しているコウチーニョは、バイエルンでの冒険を最高の形で終わらせたいと考えているようだ。