クラブW杯チャンピオン達はすでに帰宅している。

果てしない長旅を終えたFCバルセロナの遠征団は午後遅くにエル・プラット空港へ着陸した。


日本からブラウグラナクラック達をバルセロナに運ぶ飛行機の旅は15時間以上続いた。 

元々、日本とバルセロナの間にとてつもない距離があるのは確かだが、今回そこまで時間がかかった理由は飛行機がロシアの領空を飛ぶことができない状態だったためだ。

パイロットは気候の理由によりその許可を得ることができなかった。

またフライトの間ずっと吹いていた強い向かい風が到着をさらに遅らせた。

ロシア当局の不許可により、パイロットは中国の地形を迂回することを余儀なくされた。 
その長い移動は乗客達にとって耐え難い苦痛となった。

この遅延に最も気を揉んだ乗客の1人がレオ・メッシだった。

彼は直接、アルゼンチン行きのフライトに乗り継ぐ予定だったため、時間通りに到着する必要があった。
結果として、彼は恐らくそれに乗り遅れた。

すでに日本の空港を出発する際に、リーベルの一部のサポーターの愚行に耐える必要があったこのブラウグラナのスターにとって日本からの帰途は間違いなく、最高の思い出の1つとして記憶に残ることはないだろう。

■関連記事:リーベルサポ メッシに唾吐き

彼はプランBとして明日の朝、別の飛行機に乗る。

一方、ネイマールは皆と同じように疲れた状態で到着したが、フィジカルコンディションは良好である。
彼は当然の報酬である数日のバケーションを過ごした後、今週末からトレーニングに戻る準備ができている。