FCバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、移籍不可能と思われる選手のリストを発表した後、クラブの周囲で多くの噂が広がっている。

そのリストからは、バルサの主力選手であるルイス・スアレスとセルヒオ・ブスケツが除外されていた。今では、そのどちらか、あるいは両方が、バルサのターゲットとの取引を楽にするために使われる可能性があるようだ。

この夏の移籍市場での主な優先事項は、ラウタロ・マルティネスとの契約であるように見える。だが、インテルがヨーロッパリーグ決勝のセビージャ戦を終えるまで、この交渉は保留されている。

『CalcioMercato』によると、バルサがラウタロと引き換えにスアレスとブスケツを差し出す可能性があるという。今の段階でどちらかがイタリアへの移籍を受け入れるのか、それとも来季はより控えの役割を果たすことになるのかは不明だ。

しかし、イタリアの報道によると、交渉が再開されるまでは、あらゆる提案がテーブルの上にあるという。選手を契約に参加させることは、コストを下げることにもつながり、バルサにとっては確かに助かることになるだろう。