FCバルセロナに所属するフィリペ・コウチーニョだが、今はチャンピオンズリーグ決勝へ進んだバイエルン・ミュンヘンでの生活に集中している。

母国ブラジルメディア『Esporte Interativo』のインタビューでコウチーニョは自身の将来を深堀したくないことを明かした。
「僕の心は完全に大会へ集中している。我々にとってはまたとないチャンスだ。チャンピオンズリーグの決勝戦に出られることをとても嬉しく思っている。決勝戦のことしか頭にないので、自分の将来については考えていない」

また、プライベートでも仲が良いネイマールとの対戦についても触れ、お互いがチームへ集中していることを言及した。

「我々は偉大なチームと対戦することになった。 僕たち(ネイマールとコウチーニョ)はまだ話していない。彼は自分のチームに、僕は僕のチームに集中していると確信している」

さらにコウチーニョは対戦相手についても触れ、「PSGは本当に素早いフォワードを持った非常に強いチームだ。ネイマールがどれだけ素晴らしい選手なのかは、世界中が知っていることだから言うまでもない。彼らには堅固なディフェンスもある。素晴らしい試合、素晴らしい決勝戦になるだろうね」と語った。