スペインのチャビ・エルナンデス(アル・サッドの指揮官)、セルビアのスラヴィサ・ヨコノビッチ(アル・ガラファの指揮官)、ウルグアイのディエゴ・アギーレ(アル・レイヤンの指揮官)の3人が、クラブの監督や選手の投票で選ばれるカタールの最優秀監督賞の最終候補となっている。

元バルセロナの同選手は、カタールスーパーカップ、プリンスカップを制し、アル・サッドの指揮官として2度のタイトルを獲得し、リーグ戦を3位で終えている。