エディンソン・カバーニの将来はまだ不透明だ。パリ・サンジェルマン(PSG)からベンフィカへの移籍が有力視されていたウルグアイ人だが、『Gazzetta Dello Sport』によると、彼の賃金要求はポルトガル側にとって高すぎるという。

そして、現在レアル・マドリーを含む他のクラブが興味を示しているという。

この選手の要求が高すぎるため、ベンフィカは33歳FWとの契約に消極的になっているという。一方、マドリーは、ルカ・ヨヴィッチとマリアーノの問題を考えると、新しいフォワードを1人、2人入れる必要がある。

カバーニはゴールを保証してくれる存在だ。アトレティコもしばらくの間、このストライカーを追いかけていたが、賃金が問題になるかもしれない。