パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツディレクター、レオナルドは、クラブがレオ・メッシとの契約を検討していたことを明かした。

FCバルセロナのキャプテンが退団を希望したとき、サッカー界に衝撃が走ったが、彼は既にカンプ・ノウに残留することを明かしている。

「彼(メッシ)がバルセロナを去りたいと言っていることを知った時、我々はそれについて考えた」とレオナルドは『Canal+』に語った。

「可能性があるかどうかを模索したよ。メッシは誘惑だった。彼のような選手は完全に常軌を逸しているからね」と付け加えた。

また、レオナルドはPSGにおけるネイマールとキリアン・エムバペの存在にも言及し、このレベルの選手が同じチームにいることは非常に珍しい状況で「並外れている」と考えている。