アルバロ・モラタは昨日、新たな局面を迎えた。

ユヴェントスはルイス・スアレスが獲得できない場合は、アトレティコ・マドリーのストライカー、アルバロ・モラタの獲得を代替案の一つとして考えている。

そして本人も移籍を希望しているという。

これは同選手自身がディエゴ・シメオネと経営陣に伝えたようだ。

モラタがアトレティコ・マドリードを去りたいと考えているのは、シメオネが来てから与えた役割が原因だという。

自分がトップチームの中心選手で求められていると感じていないようだ。

マルコス・ジョレンテのここ数カ月の活躍は、昨季シメオネのチームで最大のストライカーとして躍動し、30試合で11ゴールを挙げた。そしてモラタから出場時間を奪っている。

『Il Corriere dello Sport』によると、、ユヴェントスはドグラス・コスタをトレード移籍の条件として提供し、経済的な問題を減らしたいと考えているようだ。