FCバルセロナは現地時間12日(土)の19:00から行われるジムナスティック・タラゴナ戦に向けて、ロナルド・クーマンが招集した、選手リストを発表した。

新監督の最初のリストには、残留を決断したレオ・メッシが入り、今夏加入した若手選手、ペドリやフランスシスコ・トリンカオも名を連ねている。

また、バイエルンから復帰したフェリペ・コウチーニョもメンバー入りを果たしている。

一方、退団が濃厚となっているルイス・スアレスやアルトゥーロ・ビダルは、メンバー外となった。
ユヴェントスから加入したミラレム・ピャニッチも新型コロナウイルスの影響で合流が遅れたため、この日の招集リストには入らなかった。

なお、同一戦は日本時間13日(日)2:00から行われる予定だ。

バルサの招集リストは以下のとおりである。

■GK
ネト
イニャキ・ペーニャ
アルナウ・テナス

■DF
ネルソン・セメド
ジェラール・ピケ
クレマン・ラングレ
ジョルディ・アルバ
セルジ・ロベルト
ジュニオル・フィルポ
ロナルド・アラウホ
ホルヘ・クエンカ
フアン・ミランダ

■MF
セルヒオ・ブスケツ
アントワーヌ・グリーズマン
フレンキー・デ・ヨング
フィリペ・コウチーニョ
カルレス・アレニャ
リキ・プッチ
イライス・モリバ

■FW
レオ・メッシ
ウスマン・デンベレ
マルティン・ブライトバイテ
トリンカオ
ペドリ
コンラッド