エデン・アザールはレアル・マドリーの最大の関心事の一つだ。同選手は、マドリーでの最初の年を台無しにした深刻な足首の問題を引きずっているにもかかわらず、クラブでプレシーズンを開始する代わりに、ベルギーへの帰国を決めた。この行動について批判が多くあり、マドリーはジムでトレーニングするアザールの様子を動画で流し、彼のイメージを守ろうとしている。

アザールは監督ジダンのもとで行われている2週間の準備期間を欠席している。彼はまだピッチでチームメイトとのトレーニングをしていない。彼は自身でベストコンディションに持っていこうとしている。

クラブの懸念点はそれだけではない。彼がクラブでプレーできる状態になるまでの準備期間を終えた時、再びベルギー代表に戻ってしまうのではないかということである。ベルギー代表監督ロベルト・マルティネスはすでにクラブを離れ代表の活動を優先するように接触しているようだ。

現在マドリーはアザールに集まる批判を少しでも軽減し、最悪な状況になることを避けるため、キャンペーンを続けていくだろう。