スタッド・レンヌのMFエドゥアルド・カマヴィンガは、17歳という若さにもかかわらずリーグ・アンのスター選手の一人である。同選手はすでにフランス代表デビューを果たしており、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は彼の成長を注意深く見守っている。

マドリーは契約を結ぼうと動いていたが、カマヴィンガは地に足をつけてレンヌに集中している。『Telefoot』のインタビューで「素晴らしいクラブから注目されることは嬉しい。でも、レアル・マドリーのことは考えていない」と移籍を否定している。

今季からレンヌの10番を背負うカマヴィンガは、レンヌに残ることを決めたのは自分の意思だと説明した。「レンヌに滞在することは家族と一緒に選択したことであり、今はそのことに満足している」

また、インタビューではキリアン・エムバペからフランス代表の合宿中にPSGに関する話はなかったと明かした。「キリアンがPSGのことを話してくれたか?いや、全く別のことについて少し話したよ」。彼の名前は長い間、多くの欧州クラブの議題となっていた。