イヴァン・ラキティッチがセビージャに完全に溶け込んでいる。 FCバルセロナでの激動のシーズンを経て、すでにジュレン・ロペテギ監督の日常の中に存在している。

セビージャではバルサに比べると少ない収入を得ることになるラキティッチ。(ネルビオンのチームの中では最も高給取りのサッカー選手となる)

チャンピオンズリーグをヨーロッパリーグの王者としてプレーし、ラ・リーガや国王杯を戦うのに重要な役割を果たすことになるだろう。