監督ジネディーヌ・ジダンは、レアル・マドリーがレアル・ベティスに勝利した終盤にPKを与えられたのは正しかったと考えている。

審判のリカルド・デ・ブルゴスは、マルク・バルトラがボックス内でハンドをしたとの判定を下した。

「審判はそれを見直した。起きたことはフェアだったと思う」とジダンは試合終了後に語った。

「私は決して審判に関わることはないし、今日もそうするつもりはない。最も重要なのは、我々がプレーした試合だ。我々はすべてを捧げた。開幕2連勝しているチームとのタフな試合だった。我々は試合に満足している。苦しんだが、勝ち点3を手に入れた」と付け加えた。

また、ティボー・クルトワのパフォーマンスにも満足し、この試合で重要な役割を果たした同選手を賞賛した。

「最近の多くの試合のように、彼は素晴らしかった。先週末のレアル・ソシエダ戦でもにも彼は我々を救ってくれた。今日も、それが起きた」

最後に10月5日に期限を迎える移籍ウィンドウについてもジダンは触れた。

「私は今のチームに満足している。我々は今のままで、良いシーズンを過ごせるように努力する」と語った。