チェルシーは9月初めにバイエル・レバークーゼンから8,000万ユーロ(約98億5,000万円)で獲得したドイツの若手MFカイ・ハフェルツに期待を寄せている。

ライプツィヒの元監督ラルフ・ラングニック氏は、ロンドンのクラブが正しい決断をしたと確信している。イギリスのタブロイド紙『The Sun』に同氏は、「彼は現代のヨハン・クライフだ」と述べた。

ラングニックは、ハフェルツがプレミアリーグの大スターの1人になると考えている。「彼が継続的な成功を収め、数年後には最高の選手の一人になることは間違いない」

「彼のプレーに弱点は見当たらない。彼は現代のヨハン・クライフだ。今回の移籍はチェルシーにとって成功となるだろう」

このドイツ人MFをよく知るもう一人の人物は、彼がレバークーゼンのユースでプレーした時の指揮官マーセル・ダウムである。彼の場合は、別のレジェンドと比較し「ハフェルツはジダンのように優雅だ」とコメントを残している。

ハフェルツは既にチェルシーで公式戦デビューを果たしており、自身の価値を証明している。リーグカップのバーンズリー戦ではハットトリックを記録した。