FCバルセロナはウスマン・デンベレを、オリンピック・リヨンのメンフィス・デパイ獲得のための移籍金を捻出するために、放出を検討しているようだ。

『AS』によると、マンチェスター・ユナイテッドが同選手の獲得を検討しているようだ。

オランダ人監督が8月にバルサの新監督に就任して以来、デパイはバルサの主要なターゲットとして浮上している。だが、獲得のための資金が足りておらず、デンベレの売却を現在検討している。同紙によると、クラブはフランス人FWを5,000万〜6,000万ユーロ(約62億円〜約74億5,000万円)で売却する準備ができているという。

9月の初め、クーマンは『Fox Sports Netherlands』の取材に対し、「デパイが来るためには、まず売らなければならない」と売却が必要なことを語っていた。そのため、デンベレの放出が浮上している。

デンベレは、ネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍したことで、2017年夏にボルシア・ドルトムントから1億4,800万ユーロ(約191億円)相当の契約でバルサに到着した。

しかし、ラ・リーガに移籍して以来、23歳のアタッカーは怪我に悩まされ、クラブでの3年間でわずか75試合の出場にとどまっている。