レオ・メッシは仲直りすることにした。彼はSPORTを介してそうしている。FCバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長への攻撃に終止符を打ち、ピッチ上でクラブの利益を損なわないこと、そしてクラブに平和を取り戻すことを目的としている。

キャプテンのメッシは、クラブの上層部が彼を退団させなかったことや、ここ数シーズンチームを十分に強化しなかったことで成功を収められなかったことに腹を立てているわけではない。

彼もまた、未来に目を向け、今シーズンの成功に期待を寄せている。不信任投票の結果やバルトメウの将来はどうなるのか知らない中で、彼は語っている。彼は、バルサのために平和と団結を望んでいる。

「多くの意見の不一致があったあとには、それに終止符を打ちたい。バルサファンみんなで団結し、これから最高の瞬間が訪れると信じるしかない」

「このチームは、サッカーが常にもたらす喜びを、何よりもそれをサポーターにもたらすことを目的に、ベストを尽くすだろう」と確信している。

また、自身の行動を振り返った。「我々の違いは片方に委ねなければならない。私は自分の過ちに責任を持ち、もし過ちがあるとすれば、それはFCバルセロナをより良く、より強くするためのものだった。情熱と高いモチベーションが目標達成のために必要なことだ。常に団結し、同じ方向を向いて進んでいきたい」