9月13日に行われたリーグ・アン第3節パリ・サンジェルマン対マルセイユの一戦で、人種差別発言を疑われていた、ネイマールとアルバロ・ゴンザレスに対して、処分が下されないことをフランスプロサッカー機構(LFP)が30日に発表した。

当初、試合終了間際の乱闘で暴力行為に及んだネイマールだったが、オリンピックのDFアルバロ・ゴンザレスから「サルの息子」と人種差別を受けていたことを訴えていた。

しかし、ネイマール自身も酒井宏樹へ「ここから出ていけ。クソ中国人が。クソったれリーグが!」と人種差別発言をしていたことが疑われており、調査が進められていたものの、結局両者は処分が下されないことになった。

LFPは「立証するのに十分な証拠がない」と説明しており、両者は最大で20試合の出場停止処分を免れている。