8日(木)に発表されたアーセナルのヨーロッパリーグ(EL)のメンバーリストには、メスト・エジルが含まれていないことが明らかになった。

31歳MFは3月以来、ガナーズでプレーしていない。彼はアーセナルの歴史の中で最も高給取りの選手だが、起用されない理由は謎に包まれている。

彼はコロナウイルスの影響でシーズンが中断されるまで、アルテタ監督の下ですべてのプレミアリーグの試合に出場していたが、それ以降は出場していない。

最近、監督アルテタはチームの状況について、「チームは成長している。我々はもっと成長して、より良いプレーをして、より良い競争をしたいと思っている」と答えた。

「我々はこの状況を維持し続けなければならない。ここでのパフォーマンスには本当に満足しているよ。コーチングスタッフがチーム選びに苦労していることにね」とチームの競争力を賞賛した。

アーセナルのヨーロッパリーグは10月22日に幕を開ける。グループBに入ったガナーズの初戦はアウェイのラピード・ウィーン戦となる。