FCバルセロナのロナルド・クーマン監督は、オランダ公共放送局『NOS』のインタビューに応じ、バルサの監督としての最初の数ヶ月間について、チームのスポーツ分析から入団、離脱、そして不満の残る補強まで幅広く話した。これにはレオ・メッシやルイス・スアレスとの関係も含まれている。

「ここ(バルサ)と契約した時にまずしたことは、メッシの家でメッシに会うことだった。(メッシは)クラブへの不満を明確にしていた。しかし、それは最終的にうまくいったし、彼が『残る』と言った瞬間から、彼は私が期待していたことをすべてやってくれた」とロナルドは明かした。

就任以来、クーマンはメッシやスアレスとの危機も含め、経営陣と多くのメンバーとの間で板挟みにあっている。バルサのベンチに到着したクーマンのもう一つの大きな問題は、ルイス・スアレスの去就だった。クーマンは功労者の一人でもあるスアレスに電話で端的に構想外を伝えるなど悪いイメージが先行してしまったが、「映画のような悪役が必要だった」と話した。

スアレスとの関係は「非常に難しい状況だった」と正直に話すオランダ人は、「彼は難しいと思っていたかもしれないが、私と彼との間に問題があったことはない。彼はトレーニングをしていたし、よく練習していた」と主張。「私はルイスが残っていても構わなかったが、クラブはチームを若返らせなければならないと考えていたし、それは今のグループを見れば分かる」

「アンス・ファティは17歳でプレーしている。17歳のペドリにはチャンスがある。 ロナルド・アラウホが21歳で登場している。トリンカオはたくさん出場して20歳だ。セルジーニョ・デスト(19歳)もいるし、彼らは全員将来のための選手だ」とウェンブリーの英雄は語った。

ルイス・スアレスは突然の退団について、最近になって不満を示している。 また、レオ・メッシは公然と自身のイスタグラムアカウントを介して友人の移籍について批判を表明した。

「もしドレッシングルームで、彼らや奥さん、子供たちがサッカー以外でも一緒に過ごすなら、その反応は理にかなっている」と、メッシとスアレスの家族の友情に言及して、クーマンは警告している。

また、メッシには「『君が失望していることは理解しているし、君が去ることは恐ろしいほど残念なことだと思うが、これはクラブの選択だ』とも言った」とクーマンはレオについて語った。