エデン・アザールは昨シーズン、マドリー最大の補強としてクラブに到着したが、ここ最近ベルギー人の良いニュースはほとんどない。怪我の影響でマドリーでの貢献が妨げられており、プレーできた時にはベストの状態ではなかった。

今シーズンはまだ物事がうまくいっておらず、9月30日には約1ヶ月間ピッチから離れることが発表された。バジャドリード戦(9月30日開催)に出場する選手リストに含まれていたベルギー人だが、最終的には筋肉の問題で欠場することになってしまった。

それ以来、アザールは、10月24日にカンプノウで行われるFCバルセロナとのクラシコに出場するため、回復に取り組んでいる。

実際、10月21日に行われるチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦で、プレーができるか試されるようだ。

今のところアザールは個人トレーニングをしている段階で、チームトレーニングには混ざっていない。シーズンが始まったばかりのベルギー人にはリスクを冒したくないようだ。

ベルギー人はジムワークが続いているようだが、ここ数週間は期待されている。ここで復帰を果たせば当初予定されていた離脱期間が短縮されたことになり、クラシコで活躍するとなればサポーターの心もつかめるため、本人も出場を希望するだろう。