ビジャレアルのウナイ・エメリ監督は月曜日に『El Paritdazo de COPE』に対して、パリ・サンジェルマン(PSG)時代のチーム状況を振り返るとともに、キリアン・エムバペの将来も明らかにした。

「パリにいた頃、エムバペはレアル・マドリーでプレーすることにとても興奮していた。彼はレアル・マドリーが好きで、そこでプレーすることを考えていたし、世界最大のクラブだと思っていた」と語った。

「当時はPSGの利益のために働いていたので、彼にはPSGに残って欲しかった。直接話したことはなかったが、父親と面談をして、父親が考えていることを話してくれたことがあった。そして、その会話の中ですべてが出てきた」と彼は言った。

「彼(ムバッペ)はレアル・マドリーとの契約を真剣に考えていた」と監督は付け加え、、フランスのクラブを去ることの難しさを強調した。

また、エメリはフランス人ストライカーのエル・ブランコ移籍の今の可能性についても意見を述べた。「今、私はスペインリーグにいる。だからからこそ、最高の選手には来てほしい」