キリアン・エムバペの今後が注目されている。元FCバルセロナのストライカー、サミュエル・エトーは、フランスのクラックの運命はどうあるべきか意見を述べた。

エムバペは2022年6月までパリ・サンジェルマンと契約を結んでいるが。来季からレアル・マドリーへ移籍する可能性が報じられている。

2019年9月に現役を引退した元カメルーン代表は、ベルナベウへの移籍計画を再考すべきだと考えている。「レアル・マドリーのことは忘れて、キリアン・エムバペはバルサに行くべきだ」と『TuttoMercatoWeb』で語っていはり。

グリーズマンとデンベレの将来に疑問を抱く中、バルサの伝説的ストライカーは、フランスの21歳がファンを再び興奮させるために必要な原動力になると考えている。 

2017年にモナコを退団して以来、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、クリスティアーノ・ロナウドの後任としてエムバペの加入を心待ちにしている。ロス・ブランコスが現世界王者の「10」の契約レースで主導権を握っているのは事実だ。

『L'Equipe』によると、エムバペはPSGとの契約延長交渉で引き続き難色を示しており、マドリーへの移籍は着実に近づいているという。

困難な状況ではあるが、PSGは2年足らずで契約が満了するキリアンの引き留めに必死になるだろう。レオナルドとドーハの首長たちは、フランスのストライカーが世界で最も人気のある選手の一人であることを熟知しており、大物たちはどんな動きにも目を光らせている。

だから、エトーのメッセージは、将来のバルサ会長にも伝わるはずだ。 フランス人がカメルーンのサイレンコールに耳を傾けるかどうかはまだわからない。