今夏バルセロナに加入したペドリは、ユヴェントスとのチャンピオンズリーグで(2-0〇)、これまで以上に自身の名を世界へ広めている。

17歳でチャンピオンズリーグ初出場を果たした同選手だが、彼の高いパフォーマンスは、多くの称賛を集めた。彼の魔法の夜は、試合終了のホイッスルが鳴った後も続いた。

バルサのチームメイトは対峙したコロンビア代表MFフアン・クアドラードを圧倒するペドリを称賛し、「トレーニング中にはあんなことしないでくれ」と冗談を言った。

また、ユヴェントスのFWディバラはペドリを探し、彼にユニフォーム交換を願い出ていた。子供の頃、サッカーゲームでディバラを操っていたペドリにとって、彼がわざわざ声をかけてきたのには驚いたことだろう。

さらには、元ユヴェントスの選手のクラウディオ・マルキージオもツイッターで彼を称賛した。
「何て選手なんだ、ペドリ。おめでとう」

このように、バルサの17歳は多くの人を魅了している。