ペップ・グアルディオラはFCバルセロナの選挙戦に巻き込まれたくないようだ。一週間前にロナルド・クーマン監督の新しいプロジェクトについて好意的な意見を述べていたカタルーニャ人監督は、バルセロナ次期会長候補のビクトル・フォント氏が『Sky Sports』のインタビューで「ペップをバルセロナに戻すよう説得する」と明かしたことについて返答した。

プレミアリーグのシェフィールド・ユナイテッド戦を翌日に控えたマンチェスター・シティの監督は、シティ・フットボール・アカデミーのプレスルームに登場し、「マンチェスター・シティで信じられないほど満足している。長く滞在できるように、良いシーズンを過ごせたらいい」と語り、バルサへの復帰は考えていないことを明かした。

グアルディオラのマンチェスター・シティとの契約は2021年6月で終了。クラブはペップの滞在を延長する意向を隠していないが、監督は更新する前に結果で証明したいと語っている。この答えは、グアルディオラがシティ・プロジェクトに敬意を払い、献身的に取り組んでいることを示している。