ガレス・ベイルはトッテナムに加入して以来、158分しかプレーしていないが、ブライトン戦での途中出場した20分は、ジョゼ・モウリーニョ監督も認めているように、これまでで最高のプレーだった。

ベイルは今シーズン、プレミアリーグのトッテナムではまだ先発出場していないが、ヨーロッパリーグのラスク戦とロイヤル・アントワープ戦では先発出場している。

ベイルがブライトン戦でトッテナムに勝ち点3をもたらした後、モウリーニョは報道陣に向かって、元サウサンプトンの男をどのようにマネジメントしているのかを説明した。

「彼にはまだ90分走り切る足がない。我々は彼に出場機会を与えるためにヨーロッパリーグで起用している。もちろん彼はどんどん良くなってきている。木曜日にはまた先発起用するだろうが、彼は90分プレーしないだろう。私は正しい方法で彼を使う」

モウリーニョ監督はまた、レアル・マドリーからのローンでの復帰後、初ゴールを決めたベイルの影響力を称賛した。「彼が勝利を決めるゴールを決めたことは、チームにとっても、彼にとっても、そしてファンにとっても最高の気分だ。戦い続けており、順位では上の方の良い位置にいる」

ベイルはレアル・マドリーのチームメイトであるセルヒオ・レギオンのクロスをヘディングで合わせ、逆転ゴールを叩きこんだ。

この結果により、トッテナムはプレミアリーグの順位を2位に上げ、首位リヴァプールとの勝ち点差を2にしている。