ジョゼ・モウリーニョは、ガレス・ベイルがブライトンに勝ったトッテナムの勝利のためにベンチから出てきた後、かつてのクラブであるレアル・マドリーを侮辱せずにはいられなかった。

レアル・マドリーからのレンタル中のウェールズ代表アタッカーは73分にゴールを決め、スパーズを勝利(2-1)に導き、モウリーニョ監督のチームをプレミアリーグ2位に押し上げた。

この31歳のゴールは、トッテナムでの最後のゴールから7年以上経ってからのことだった。その間、彼はレアルで数え切れないほどの栄光を手にしてきたが、ここ数シーズンはマドリーの監督であるジネディーヌ・ジダンと対立していた。

そしてモウリーニョは、ブライトンに勝利した後のベイルとマドリーの関係について、愉快な冗談を言った。「5分あれば(インターネットの)Safariでレアル・マドリーのウェブサイトにアクセスして、彼らが何を言っているのかを見に行くんだ」

「彼のことをとても喜んでいる。いい奴だし、献身的で、クラブを愛している。私はここにいる彼を愛している」とベイルについて気に入っていることを明かした。

そして、モウリーニョはここ数年でプレミアリーグが変化したことにも触れた。「私がイングランドに来た2004年には、トップチームが勝ち点3と分かっている試合があったが、それはもうない。今では、ビック6だけでなく、どのチームにとっても世界最高のリーグになっている」

「プレミアリーグは、どの試合も接戦だ。もし2ポイントを落とせば、7位、8位、9位になることだってある。プレミアリーグは美しいよ」