FCバルセロナのロナルド・クーマン監督が、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・キエフ戦に前の簡単な記者会見に姿を現した。

その中でもクーマンは、バルサの大きな欠点の一つにゴールがないことがあるとして、チームのために“9番”と契約する可能性について質問された。

クーマンはこれまでに何度もそうしてきたように、来冬の移籍市場で純粋なストライカーを獲得したいと考えていることを公言している。

「この点での私の立場は誰もが知っている。すでに何度か“9番”がいないと言っているが、何よりも1月にクラブが財政的にどうなっているかを見なければならない。無理強いはできない。無理なら無理で、今あるものを使って仕事をする、それだけだ」

FCバルセロナがストライカーのメンフィス・デパイに興味を持っていることは周知の事実であり、特にロナルド・コーマンの欲しがる選手だ。これらの意図がどのようなものなのかは、1月まで待たねばならない。