欧州チャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・キエフ戦を前に行われた記者会見で、アラベス戦に引き分けたFCバルセロナの監督ロナルド・クーマンはクラブの現状を分析した。

シーズン開幕時の心境を聞かれたクーマンは、「個人的にはみんなが不満を持っていないというフィードバックをたくさんもらっている。得点の問題はあるが、1試合ごとに明確なチャンスを作ってきている。だが、それには満足していない」

そして、「私たちのイメージは、若手に変化を与え、出場機会を与えることで、ポジティブなものになっている。だけど、リーグ戦では、より多くの試合に勝たなければならない」と語った。

オランダ人監督は、CLのグループステージでディナモ・キエフと対戦し、3度目の勝利を目指している。バルサは、フェレンツヴァーロシュとユヴェントスに勝利しており、グループ首位に立っている。