今夏の移籍市場から一服した後、冬の市場が近づくにつれて、選手移籍の噂が再び勢いを増している。

そしてもちろん、主人公の一人であるウスマン・デンベレは、その未来が常に宙に浮いているように見える。

既にイングランドでは彼の移籍先の候補としてマンチェスター・ユナイテッドが挙がっている。
『Daily Mail』はフランス人ウインガーがレッドデビルズへ移籍する可能性を再び報じている。

バルサとユナイテッドは今夏の間に激しい交渉をしていたが、イングランドのクラブは購入オプション付きのレンタル移籍を望んでいたため、最終的に合意までには至らなかった。

現在ユナイテッドはプレミアリーグでのアーセナル戦とチャンピオンズリーグのイスタンブールBBSK戦で敗れ、2連敗を喫している。
リーグ戦では2勝1分3敗で15位に沈んでいることから、オーレ・グンナー・スールシャール監督の将来が危ぶまれており、ノルウェー人の後任には元トッテナムの監督マウリシオ・ポチェッティーノの名前がどんどんと鳴り響いている。

前述の同メディアは、ユナイテッドがアタッカーを必要としていることから、冬の市場に向けてデンベレの選択肢が強まっていることを確実にしている。
バルサは、経済的な問題を抱えており、2022年に契約満了を迎える、フランス人の売却を受け入れる可能性もある。