ユヴェントスのアンドレア・ピルロ監督は、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のフェレンツヴァーロシュ戦(4-1〇)の試合後に、ピッチ上で傲慢な態度をとったクリスティアーノ・ロナウドを公に非難している。

ピルロは『Sky Sport』でポルトガル代表の協調性の欠如を指摘したファビオ・カペッロに同意した。

クリスティアーノがモラタにボールを渡さなかったことを思い出し、得点のチャンスを逃したことについて、ピルロは「何度かの場面で、特にゴール前では、彼らはより良い時間を過ごさなければならなかった。早めに試合を終わらせるために自分本位なプレーは避けなければならない。私も試合前に選手とよく話をする一人だが、ピッチ上では正しい判断が必要だ」と苦言を呈した。

はるかに明確だったカペッロは、「プレーはゴールで終わらなかったがモラタは寛大だった。彼はディフェンダーに防がれたが、前半にクリスティアーノにゴールを提供した。後半はモラタがクリスティアーノのパスを待っていたが、それは叶わなかった。ちょっとしたワガママがあった」とまとめた。