FCバルセロナは選手の給与削減を巡って合意に至らなかった。クラブは、コロナウイルスのパンデミックによる“深刻な財政問題”の中で、給料の減額を求めている。

バルサは、コロナウイルスの影響を大きく受けており、2020/21シーズンに向けて3億ユーロ(約372億円)以上の赤字を計上しており、クラブは1億9,100万ユーロ(約237億円)の給与調整を必要としているという。

しかし、バルサと選手の代表者、そして企業の労働者グループとの間の話し合いは、合意に至らないまま11日(水)に終了した。

「本日11月11日、数日間にわたる激しい会議を経て、交渉に及んだ後、当事者は合意に達することなく協議期間を終了した」とクラブから声明があった。声明によると、取引が成立するかどうかを検討するための期限を11月23日までとしているという。

報道によると、バルサはレオ・メッシを含むトッププレーヤーの賃金を30%カットしたいと考えているという。

バルサは、ヨーロッパでも最も高額な賃金を請求されていると言われており、ルイス・スアレス、イヴァン・ラキティッチ、アルトゥーロ・ビダルらがシーズン終了間際にクラブを去っている。

ロナルド・クーマンが率いるチームは、2試合少ないものの、首位レアル・ソシエダに9ポイント差をつけられ、リーガで8位につけている。