ここ数日、クリスティアーノ・ロナウドの去就に注目が集まっている。ユヴェントスは同選手の契約更新を検討しておらず、来夏には市場に出す意向があるとされている。イギリス国内では古巣のマンチェスター・ユナイテッドが正式オファーを出したとも言われており、パリ・サンジェルマンからの関心も喚起している。

ポルトガル代表と14日にネーションズリーグを戦うフランス代表のディディエ・デシャン監督は、ポルトガルのスター選手の去就について聞かれた。

監督は「フットボールでは何でも可能だ」と答え、「彼は素晴らしいクラブに所属していると思う。ロナウドは世界最高の選手の一人であり、これまでに成してきたこから、多くのクラブを魅了するのは当然のことだ。パリに行くことについて、私は何も知らないが、彼は長年トップにいる並外れた選手、最高の選手の一人だ」と試合前の記者会見で語った。

フランスとポルトガルは、グループの首位を争うエキサイティングな試合を行う。ともに勝点10だが、フェルナンド・サントスのチームは得失点差で首位に立っている。

フィンランドとの親善試合に敗れたフランスは、同一戦を欠場したキリアン・エムバペとバンジャミン・パヴァールに頼ることになるだろう。レ・ブルーの「10」はハムストリングの負傷から回復しているが、再発の可能性もチラつくなかでのプレーとなる。デシャンは新型コロナウイルス陽性のため、ウィサム・ベン・イェデルを起用できない。

クリスティアーノ・ロナウドがキャプテンを務める前回大会覇者のポルトガルは、エスタディオ・ダ・ルスに現世界王者を迎える。直近の親善試合でアンドラを7-0で一蹴したポルトガルは、グループ首位を維持し、タイトル防衛を目指す。