今回再びレオ・メッシとクリスティアーノ・ロナウドが、『Globe Soccer Awards』が選ぶプレイヤー・オブ・ザ・イヤーと、プレイヤー・オブ・ザ・センチュリーの受賞をかけて競っている。

ペップ・グアルディオラ、ジネディーヌ・ジダン、フレン・ロペテギ、FCバルセロナ、レアル・マドリー、セビージャもそれぞれの部門で受賞する可能性がある。

バルサのキャプテンであるレオ・メッシとユヴェントスのストライカーであるクリスティアーノ・ロナウドが、バイエルン・ミュンヘンで昨シーズン三冠に貢献したロベルト・レヴァンドフスキ、リヴァプールで昨シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献したモハメド・サラーと共にプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを争うことになった。

■ファンと審査員
各部門のノミネート者と受賞者は、ファンと審査員によって選ばれる。最初のリストは11月23日から12月上旬までの間、Globe Soccerのウェブサイトを通じて投票されるファンの投票数によって決定される。

その後、専門の審査員が受賞者を決める。8つの賞の中に4つの新たな部門を含むこの授賞式は12月27日にドバイ・インターナショナル・スポーツ・カンファレンスの中で行われる。

■ベスト・オブ・センチュリー
今回の受賞式では、2020年のベストタレント賞に加え、21世紀最初の20年間のベストプレイヤー賞、ベストクラブ賞、ベスト監督賞、ベスト代理人賞を表彰するようだ。

プレイヤー部門ではメッシ、ネイマール、クリスティアーノ・ロナウド、モハメド・サラー、デイビット・ベッカムなどを含む25名の世界的な選手の名前が挙がっている。また、アンドレス・イニエスタ、ロナウジーニョ、セルヒオ・ラモスの名前も挙がっている。

そして監督部門では、ディディエ・デシャン、アレックス・ファーガソン、ペップ・グアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョ、カルロ・アンチェロッティ、ジネディーヌ・ジダンらの名前が挙がっている。

クラブ部門では、FCバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーらの名前が挙がっている。代理人賞ではジョルジュ・メンデスの名前が際立っている。

■Globe Socceの全ノミネート者
12月7日の授賞式で表彰される8つの賞の候補者

【プレイヤー・オブ・ザ・センチュリー(2001〜2020)】
GK
ジャンルイジ・ブッフォン、イケル・カシージャス、マヌエル・ノイアー、
DF
ファビオ・カンナバーロ、フィリップ・ラーム、セルヒオ・ラモス
MF
アンドレア・ピルロ、アンドレス・イニエスタ、デイビット・ベッカム、フランク・ランパード、カカ、ルカ・モドリッチ、スティーブン・ジェラード、チャビ・エルナンデス、ジネディーヌ・ジダン
FW
アンドリュー・シェフチェンコ、アリエン・ロッベン、クリスティアーノ・ロナウド、フランチェスコ・トッティ、キリアン・エムバペ、レオ・メッシ、ルイス・フィーゴ、モハメド・サラー、ネイマール、ロベルト・レヴァンドフスキ、ロナウジーニョ、ロナウド、ズラタン・イブラヒモビッチ

【コーチ・オブ・ザ・センチュリー(2001〜2020)】
アレックス・ファーガソン、カルロ・アンチェロッティ、ディディエ・デシャン、ヨアヒム・レーヴ、ジョゼ・モウリーニョ、ペップ・グアルディオラ、ルイス・フェリペ・スコラーリ、マルチェロ・リッピ、ビセンテ・デル・ボスケ、ジネディーヌ・ジダン

【クラブ・オブ・ザ・センチュリー(2001〜2020)】
アル・アハリ、FCバルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、ユヴェントス、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、レアル・マドリー

【エージェント・オブ・ザ・センチュリー(2001〜2020)】
ジョバンニ・ブランキーニ、ジョナサン・バーネット、ジョルジュ・メンデス、ミノ・ライオラ、ピニ・ザハヴィ

【プレーヤー・オブ・ザ・2020】
チーロ・インモービレ、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、レオ・メッシ、マルキーニョス、ロベルト・レヴァンドフスキ、サディオ・マネ、セルジュ・ニャブリ

【クラブ・オブ・ザ・2020】
バイエルン・ミュンヘン、ユヴェントス、リヴァプール、PSG、レアル・マドリー、セビージャ

【コーチ・オブ・ザ・2020】
ジャン・ピエロ・ガスペリーニ、ハンス=ディーター・フリック、フレン・ロペテギ、ユルゲン・クロップ、トーマス・トゥヘル