ロナルド・クーマン監督は、22日(火)にFCバルセロナがレアル・バジャドリードに勝利した時のレオ・メッシの姿を見て満足していたが、彼はアルゼンチン人FWのクラブでの幸せを疑っていない。

メッシはカタルーニャのクラブの3点目を決めたが、彼は個人の素晴らしいパフォーマンスでもっと多くのものを得られたかもしれない。

メッシのパフォーマンスについて聞かれた監督クーマンは、次のように語った。「何度も言っている。レオがここで満足しているのを分かっている。彼の創造性は我々にとって非常に重要だ。彼と並んで良い選手がいれば、それがわかるだろう」

ペドリもまた、中盤のミラレム・ピャニッチと同様に、この試合で印象的だった選手の一人だ。
「ペドリは中盤でプレーすると非常に良い選手だ。ピャニッチはチャンスを待たなければならなかったが、彼は素晴らしいゲームをしてくれた。彼はボールを持っているだけでなく、守備も良かった」と両選手を称賛した。

さらに、バジャドリード戦で3バックを採用したクーマンは、結果に満足していた。
「ディフェンスとウイングを改善するために変えた。良い集中力と良いチャンスが生まれ、非常に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた」