FCバルセロナはメンフィス・デパイとの契約について明確にしていない。しかし、現地SPORTのジャーナリスト、ルイス・ミゲルサンツによると、冬の移籍市場が開こうとしている中、現時点ではオランダ人フォワードの加入は以前よりも可能性が低くなっているとのことだ。

クラブ内では、すでにチームにいるフォワードの数の多さから、もう一人のアタッカーに投資することが疑問視されている模様。ペドリのフォーム、マルティン・ブレイトバイテの好パフォーマンス、怪我から復帰したウスマン・デンベレの活躍、それに数ヶ月後にはアンス・ファティが復帰するという事実など、デパイのためにスペースを確保するのは難しいと考えられている。

契約が完全に否定されているわけではないが、クラブには他にも目的があり、センターバックの獲得など、他の優先事項がある。

バルサのロナルド・クーマン監督は、夏にデパイの獲得を求めた。当時、オランダ人監督はデンベレへ信頼を寄せておらず、9番を含む様々なポジションでプレーできる万能なストライカーを求めていた。そして、今夏にリヨンと同選手との間で合意に達したようだが、バルサの給与制限の問題もあり、結果的に契約は成立しなかった。

そして計画変更につながる唯一の可能性は、1月にバルサ内で他の選手が売却されることであるという。ブライトバイテも可能性としてはあったが、選手自身は去ることを望んでおらず、ここ数試合でクーマンの信頼を獲得することに成功した。
デンベレは契約最後の18ヶ月間に入っており、契約を更新する意思を示していないため、売却される一人になる可能性がある。しかし、ルイス・ミゲルサンツ氏の見解よると、デンベレはシーズン途中で退団する気はないようだ。

それでもデパイ本人が望んでいるのは、バルサでプレーすることであるという。ユヴェントスや最近ではパリ・サンジェルマン(PSG)も、低コストの契約を視野に入れて彼との契約に興味を示している。バルサが彼を欲しければ、彼は来るだろうが、今のところ同選手の契約は漂流している状況だ。