ルイス・スアレスは夏にバルサを退団し、物議を醸し、多くの議論が起こる中、アトレティコ・マドリードへ移籍した。 近年のバルサ史上最高の9番は、ライバルチームを強化するだろう。

4ヶ月後、同選手は自身の8ゴールのおかげで、ラ・リーガの得点王を争っている。(彼を超えるのは9ゴールをマークしているイアゴ・アスパスだけ)こうしてバルサはメッシをサポートする純粋なゴールスコアラーである9番を欠いている。

スアレスはグラナダに6-1で勝利した時に2ゴール、セルタに2-0で勝利した時に1ゴール、ベティスに2-0で勝利した時に1ゴールと、補完的とも言えるゴールを決めてシーズンをスタートさせた。彼のゴールが直接アトレティコに勝ち点をもたらしたわけではないが、勝利を収め、クラブは彼との契約が正解だったことを確認し、何よりもそれらのゴールがウルグアイ人選手に自信を与えた。

しかし、過去3試合のうち2試合で、スアレスは決定的なゴールを決め始めている。エルチェに3-1で勝利した時の2ゴールと、ヘタフェ戦(1-0)でのこの試合唯一のゴールだ。アトレティコの勝ち点6は、すでにラ・リーガで8ゴールを挙げているルイス・スアレスのおかげである(アトレティコの選手としてはまだヨーロッパでのゴールはない)

この8ゴールをバルサに置き換えて考えると、彼はバルサの中でラ・リーガにおけるトップスコアラーになる(メッシは今シーズンのラ・リーガで7ゴール、全大会トータルで10ゴールを記録している)。

バルサはメッシをチームのトップスコアラーとして持ち続けている。彼の下には4人の選手がおり、全大会合計で5ゴールを挙げている。グリーズマン、ブライトバイテ、デンベレ、そしてアンス・ファティだ。

ラ・リーガでは、バルサのFW陣のゴール数が気になるところである。メッシは7ゴールをマークしており、まだ得点王を争える数字ではある。しかし、メッシのデータ以外は不安を与えるものとなっている。現在負傷中のアンス・ファティは4ゴール、グリーズマンはわずか3ゴール、ブライトバイテはデンベレと同じく2ゴールとなっている。