バルセロナは、負傷したウインガー、アンス・ファティのメディカル・アップデートを発表し、怪我からの回復は順調に進んでいると説明した。

声明によると「アンス・ファティは、クラブのメディカルサービスの監督のもと、ラモン・クガット医師による再生生物学的治療を受けており、怪我の経過は非常に満足のいくものとなっている」とのことだ。

アンスは先月11月のレアル・ベティス戦で負傷し、左膝の内側半月板損傷の手術を同医師によって成功させている。

今シーズン、バルサの若きストライカーは10試合に出場し、リーグ戦で7試合、チャンピオンズリーグで3試合の計596分プレーし、5ゴールと2アシストを記録していた。

18歳のアンスは、当初、約4〜5ヶ月間の離脱期間を予想されていたが、これまでの回復ぶりを考えれば、もう少し早く復帰できるかもしれないと楽観視されている。

しかし、バルサは、同選手がいつ復帰するのかを明確にはしていない。