バルセロナのロナウド・クーマン監督は今週、スーペルコパ・デ・エスパーニャに参加することで、就任以降、初のトロフィーを獲得する可能性がある。

現地13(水)、行われる準決勝レアル・ソシエダ戦に向けてクーマンは、「最も重要なトロフィーではない」と認めながらも、「バルサは勝つためにつくられている。最高のチームでプレーし、決勝戦に臨む」と前日記者会見で語った。

しかし、同一戦ではメンバー変更の可能性もあることを認めている。
「いろいろな選手が問題(負傷)を抱えており、その中の一人がメッシだ。だからグラナダでは彼を交代させている。アラウホもだが、全員を起用できる状態ではある」

また、前節のグラナダ戦直前に負傷したアラウホの状態について明かし、「今日のセッション後に彼がどのように反応するかを見なければならないが、彼が100パーセントの状態であればプレーできると思う」と説明した。

オランダ人指揮官は、バルサにはまだ改善すべき点がいくつかあるが、一歩前進したと言っている。

「(現段階で)フィニッシュの精度が常に高いわけではないが、守備的にはチームはより良くなっているし、ピッチの中央からより多くの人がボックスに入ってくる。彼らはダメージを与えることができる。我々は自信を得たよ。チームは改善されていて、隙を見せず、よりコンパクトにプレーできるようになっている。ワイドエリアにいる選手たちは、相手に多くの危険をもたらすことができるようになった。(以前との)違いは、選手たちがより自信を持っていることだね」