アンス・ファティはパリ・サンジェルマン(PSG)戦には出場できないようだ。実際、選手とクラブの医師、そして彼を手術した外科医のラモン・クガット自身も、選手の不安と絶望を煽るだけだと認識しているため、復帰の期限を設けることを望んでいない。

エトーがメッシの後継者を指名「彼はバルサの将来」

FCバルセロナでは、わずか18歳でまだキャリアの長いファティの左膝を100%回復させることが絶対的な優先事項であることが明確になっている。そのため、時間や方法がどうであろうと、それを実現するために努めなければならない。

彼がPSGとの対戦する欧州チャンピオンズリーグ(CL)に出場することは、当初からほとんど夢物語のようだった。同試合での復帰は、発表された離脱期間である4ヶ月間の1日後の3月10日であるからだ。しかし、ファティはこの重要な試合にを目標に回復に努めていた。

ファティは、昨年11月7日に負傷し、2日後に手術を受けた。そして、復帰に向けて、選手は継続的なランニングやフィールドワークを始めなければならないだろう。

そして、『AS』によると、現実はかなり異なっているという。トレーニング量が増えると、左膝の痛みは大きくなるようだ。そのため、リハビリのトレーニングは通常通りにはいっていないという。このような状況で、無理をさせることは出来ないため、ファティが抱える膝の問題の解決策を求めて進行を遅らせざるを得ない状況になっている。

怪我をした膝に再び負荷が掛かれば、手術室に戻ってくることになるのではないかとさえ言われているほど絶望的な状況だ。実際、クガット医師は同選手の怪我を個人的な挑戦と捉え、ほぼ毎日クラブの医師に電話してその回復を知り、週に一度はシウタ・エスポルティバに相談に行っている。

一方、ファティと同じ時期に負傷したジェラール・ピケの状況はより楽観的で希望に満ちたものとなっている。復帰に関しても間近に迫っているようだ。